バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク

バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク

8514円

バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク

バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク:私たちの目標は、いつでもどこでも必要なときに利用できることです。以下に、テクノロジーについて学び、見、話し続けるためのさまざまなオプションを示します。 ●GL1800に簡単に取り付けできて、空気温度によってこんなにも圧が変化する事を改めて 勉強しました。 純正のエアバルブは「遠心力つっかえ棒」付きのL型です。リム幅が 広いので間隙問題なし。百キロ以上のテスト走行が終わり、長く付き合えそうなので 投稿しました。●休みの関係で仲間と走るよりソロ・ツーが多く、暗いうちから山道や人気のない田舎道を 良く走る。およそ1~2か月ごとに空気圧チェックはするものの、山道でのパンクは 車体サイズと重さから何としても避けたい。(パンク修理道具は積んであるが) 以前からバルブキャップ型の物を付けていたがカバードスタイルでタイヤ自体が良く見えず、 気休めだった。(ちなみにバッテリーエンコは突然に動けなくなるのでもっと避けたいから 電圧計も装備)●走る前に貸ガレージのコンプレッサーで定期的にエアチェックするのでロックナットは 付けていない。この貸ガレージの空気圧計が曲者で常に高めを示し、誤差があるのが 今回分かった。なので、持っている自分のゲージで合わせるように改めた。   ●親切に電話対応してもらえた。 対応1.うれしくて、付けてすぐに夕方のテスト走行に出た。そこで延々と続く渋滞に はまり警告がでた。後輪のBセンサーが取説にも出ていない「Er」文字と 派手な赤色の警告だ。問い合わせすると、どうもボタン電池の不良らしい。 電圧低下の「Lo」を通り越して10分間電波が受信できないと出る警告だそうな。 テスターで測ると同梱されていた交換品も怪しいので新品を買って前後付け替えた。 再発せず正常の様だ。 対応2.走り出してすぐ。まだタイヤが冷えているうちに表示される空気圧が、今、 出てくる前に入れた空気圧よりも随分と低いのだ。温まってくると同じになる。何で? 問い合わせてみると他のユーザーからも質問が来ていて、要するに使っている エアゲージが 不正確なのではないか?とのアドバイス。そこで前述のとおり自分の ゲージで測ってみると今度はピタリ。なーんだ。走行直後は設定値を示し、そこから どんどん圧が高くなる様子が分かる。 対応3.<後日追記> その後、再び「Er」警告が出たので、連絡するとセンサーBを快く交換してくれた。 そして試乗。60キロくらい走ってガレージに着くと、それまで快調だったのに、止まったとたんに またぞろ「Er」が出るではないか? そこではじめって(電圧低下やセンサー故障ではない)別の原因が浮かび上がった。 それは温度だ!仕様書を見ると可動範囲の上限温度が60度となっている。 GL1800は後ろタイヤがトランクなどで囲まれて通風が悪く、その時の気温や、渋滞でセンサーがちょうどマフラーのそばで 止まった場合など、簡単に60度を超えていると思われる。事実、そのままにして別の日に試乗すると、正常で さらに後日、ツーリング先で「Er」が出ても走り続けると正常に戻る。もう気にしない事にした。四輪はいずれ法規制で義務化されるのかもしれませんが、二輪用がリーズナブルな価格で購入出来て満足です。最大93%オフ!,驚きの値段,【ご予約品】バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク
  • ■コンパクトで見やすいカラー液晶付き小型レシーバー:コンパクトなレシーバーは取り付けの自由度が高く、カウル内、ハンドル、タンクバッグなど様々な場所に設置可能です。 また日中でも夜間でも見やすいカラー液晶ディスプレイを採用しております。
  • ■安心の防水レシーバー:IP67相当の防水性があるので 突然の雨や霧などにあっても心配ご無用です。
  • ■小型ワイヤレスセンサーで取り付け簡単:タイヤのセンサーキャップを外してその代わりに取り付けるだけで空気圧と温度が計測可能です。
  • ■充電式レシーバーで配線不要:付属の専用USBコードを利用して充電を行います。充電は約2時間程度で完了いたします。 充電後はワイヤレスでご利用できます。
  • ■異常時にはブザーと赤LED点滅でお知らせ:設定した空気圧範囲(上限、下限)から外れたり、空気の温度が上限を超えた場合、 レシーバーからブザーが鳴るとともに赤色のLEDの点滅でライダーにお知らせします。

商品の説明

"span"商品の説明

"span"エアモニステッカー(2枚組み)プレゼント!人気のエアモニシリーズから二輪車(バイク)用エアモニバイクを発売します。防水モニター1個、センサー(ロックナット・ボタン電池)2個になります。 ※エアモニバイクは日本の電波法に準拠しておりますので、安心してお使いいただけます。 ■サイズ レシーバー 重量約50 センサー 重量約9g(電池含む) ■商品の仕様 1)センサー(2)レシーバー ■仕様電源/(1)CR1632 1個(2)充電式内蔵バッテリー ■電池寿命/(1)最長約2年(2)約1ヶ月 ■重量/(1)約9g(電池含む)(2)約50g ■寸法(突起部等除く)/(1)径 23xh16.5mm(2)45x45x22mm ■圧力測定範囲/0~3.5Bar(表示単位Bar、Psi) ■動作温度範囲/-40度~99度 ■レシーバー保護等級/IP67(相当) ■温度表示/ -40度~99度の間で表示 ※表示はボタン操作で圧力と温度の切替が可能 ■警告:設定温度以上になると警告を発する(初期設定:68度)【BMW MOTORRADの適応車種について】 ◎取付可能車種 ■R1200GS(空冷)R1200GSアドベンチャー(空冷) ■F800GS F800GSアドベンチャー ■R1200GS(水冷)R1200GSアドベンチャー(水冷) ■F700GS F650GS ■S1000RR 他エアバルブが縦向きに付いているタイプ全車種 ×取付不可車種 ■K1600GT,K1600GTL ■R1200RT,R1200R等 フロント17インチホイールで「エアバルブが横向き」の車種

"span"ご注意(免責)>必ずお読みください

"span"BMW MOTORRADの適合車種■R1200GS(空冷)R1200GSアドベンチャー(空冷) ■F800GS F800GSアドベンチャー R1200GS(水冷■R1200GSアドベンチャー(水冷) ■F700GS F650GS ■S1000RR 他エアバルブが縦向きに付いているタイプ全車種 ●取付不可車種■K1600GT,K1600GTL ■R1200RT,R1200R等 フロント17インチホイールで「エアバルブが横向き」の車種 適合をよくご確認の上ご注文下さい。購入後の返品はお受けいたしかねますので予めごご了承下さいませ。

女性アイドル

【BiSH】アユニDがかわいすぎる!衣装私服変顔など魅力を紹介!

2021年12月31日
&Happiness

バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク

バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク:私たちの目標は、いつでもどこでも必要なときに利用できることです。以下に、テクノロジーについて学び、見、話し続けるためのさまざまなオプションを示します。 ●GL1800に簡単に取り付けできて、空気温度によってこんなにも圧が変化する事を改めて 勉強しました。 純正のエアバルブは「遠心力つっかえ棒」付きのL型です。リム幅が 広いので間隙問題なし。百キロ以上のテスト走行が終わり、長く付き合えそうなので 投稿しました。●休みの関係で仲間と走るよりソロ・ツーが多く、暗いうちから山道や人気のない田舎道を 良く走る。およそ1~2か月ごとに空気圧チェックはするものの、山道でのパンクは 車体サイズと重さから何としても避けたい。(パンク修理道具は積んであるが) 以前からバルブキャップ型の物を付けていたがカバードスタイルでタイヤ自体が良く見えず、 気休めだった。(ちなみにバッテリーエンコは突然に動けなくなるのでもっと避けたいから 電圧計も装備)●走る前に貸ガレージのコンプレッサーで定期的にエアチェックするのでロックナットは 付けていない。この貸ガレージの空気圧計が曲者で常に高めを示し、誤差があるのが 今回分かった。なので、持っている自分のゲージで合わせるように改めた。   ●親切に電話対応してもらえた。 対応1.うれしくて、付けてすぐに夕方のテスト走行に出た。そこで延々と続く渋滞に はまり警告がでた。後輪のBセンサーが取説にも出ていない「Er」文字と 派手な赤色の警告だ。問い合わせすると、どうもボタン電池の不良らしい。 電圧低下の「Lo」を通り越して10分間電波が受信できないと出る警告だそうな。 テスターで測ると同梱されていた交換品も怪しいので新品を買って前後付け替えた。 再発せず正常の様だ。 対応2.走り出してすぐ。まだタイヤが冷えているうちに表示される空気圧が、今、 出てくる前に入れた空気圧よりも随分と低いのだ。温まってくると同じになる。何で? 問い合わせてみると他のユーザーからも質問が来ていて、要するに使っている エアゲージが 不正確なのではないか?とのアドバイス。そこで前述のとおり自分の ゲージで測ってみると今度はピタリ。なーんだ。走行直後は設定値を示し、そこから どんどん圧が高くなる様子が分かる。 対応3.<後日追記> その後、再び「Er」警告が出たので、連絡するとセンサーBを快く交換してくれた。 そして試乗。60キロくらい走ってガレージに着くと、それまで快調だったのに、止まったとたんに またぞろ「Er」が出るではないか? そこではじめって(電圧低下やセンサー故障ではない)別の原因が浮かび上がった。 それは温度だ!仕様書を見ると可動範囲の上限温度が60度となっている。 GL1800は後ろタイヤがトランクなどで囲まれて通風が悪く、その時の気温や、渋滞でセンサーがちょうどマフラーのそばで 止まった場合など、簡単に60度を超えていると思われる。事実、そのままにして別の日に試乗すると、正常で さらに後日、ツーリング先で「Er」が出ても走り続けると正常に戻る。もう気にしない事にした。四輪はいずれ法規制で義務化されるのかもしれませんが、二輪用がリーズナブルな価格で購入出来て満足です。最大93%オフ!,驚きの値段,【ご予約品】バイク専用ワイヤレスタイヤ空気圧モニターAirmoni(エアモニ)バイク